「ノーサイド・ゲーム」第2話 ラガーマンが見たあらすじや感想、名言について

廣瀬俊朗 ノーサイド・ゲーム
廣瀬選手

こんにちは!モッペイです!

日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」盛り上がってますね!

今回は2話目をご紹介!

2話目あらすじ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。新監督人事が進まないのだ。キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。ない知恵を絞っても始まらない。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。
監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。君嶋はどうなってしまうのか・・・。

引用元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s2.html

✳︎ネタバレ注意 簡単なあらすじ

紫門監督との過去の出来事

紫門監督が監督就任を断ったのは、過去の出来事が関係していました。

その出来事とは、過去にアストロズから紫門へ監督をオファーしていたにも関わらずに、断ったことでした。

なんとフロント関係者が進めていた監督人事とは別に、滝川常務が紫門へオファーしており、結局は紫門を断ってしまった経緯があった。

事情を理解した君嶋は大学の同期でもある紫門へ謝罪の手紙を送り、紫門と会うことに。

そこで驚いたことに紫門は、大学時代ノートを借りていただけの関係であった君嶋のことを覚えていた。「ラグビーなんか消えてなくなれ!」と書かれたノートのことも紫門は覚えていた。

紫門にアストロズの現状を話すと、一度アストロズを見せて欲しいという返答となった。

紫門監督の府中工場見学

後日、アストロズの見学のため府中工場に紫門がやってきた。そこには、紫門を送り届るシオリ(川田裕美)の姿が。 そう、そのシオリこそ君嶋が大学時代好きだった女の子。

君嶋は大学時代、好きだったシオリが人気者の紫門に遊ばれていると考えて妬んでいた。しかし、実際には紫門は一途で、なんどもフラれたがやっと結婚してくれたのこと。

クラブハウスに案内しようとしたところ、紫門は選手たちが働く仕事場をみたいとのことで工場から見学することに。その後、練習を見学した紫門は、優勝は約束できないが、優勝を狙えるチームにすることは頑張るという形で監督を引き受ける。

しかし、選手に自分が監督で良いのか確認してくれと君嶋に伝える。もし一人でも反対する選手がいたら監督は引き受けられない…と。

監督就任決定へ

そこで、君嶋は後日選手全員を集めて、紫門からの手紙を選手一人づつに手渡す。

その手紙は、選手一人一人の特徴を考え、欠点や改善点を記したものだった。

的確に書かれているその手紙を選手は見て驚き関心をした。

特にベテランエースの浜畑は、誰にもバレていないと思っていた、自分自身の力の衰えに気づき、変化が重要という紫門を信頼するようになった。

選手全員からの信頼を勝ちとった紫門の監督就任が決定した。

翌日から、紫門はチームを強化すべく合宿や機材の購入などのプランで1億を用意してくれと君嶋に伝えた。しかし、アストロズに1億円の予算申請も通るはずなく頭を抱える君嶋。

そこで、君嶋がだした案がチームの得点源ではあるがタックルが上手くない給料が高い助っ人外国人選手との契約を行わずに、今いるタックルが上手い選手を使ってチームの底上げを行うことだった。そして、あと少し足りない金額についてはコーチを選手に兼務してもらうことで、コーチの金額を浮かすことになった。

予算会議では、チーム力が落ちると非難も浴びたが、紫門も了承していると伝え、優勝すると宣言してしまう。

個人的な感想

本当にいっつも邪魔する滝川常務!腹立ちます!

そして2話目で個人的に好きなシーンが、紫門が工場に見学しにきたシーン。君嶋が大学時代好きだったシオリに出会うシーンですね。好きだったシオリをたぶらかしていると思っていた紫門が実は、何回もフラれていたとは… 君嶋が紫門を妬んでいたことが消えるようなシーンで、これから二人は共に闘っていくのだろうなとかんじました!

2話での名言

ため息つくぐらいだったら、呼吸しないでくれる?

こちらは君嶋の妻、真希(松たか子)さんが言い放った言葉。かなり厳しい!ため息って幸せが逃げるっていいますけど…(笑)僕もため息はつかないようにしたいです!

それぞれの特性を上手く活かせば15が100になるし、噛み合わなければ0になる。それが戦略ってやつだ。それがラグビーの面白いところなんだよ。それを考えるのが俺の仕事だ。

こちらは紫門監督のありがたいお言葉。ラグビーを言い表してる素敵なことばです。全員の力が一つになればチームの力は100にもなるし、かみ合わなければ0にもなる…本当にこの通りです!

3話の放送日

きになる第3話ですが7月28日(日)9時から放送となります。

今年はラグビー ワールドカップもありますので、ノーサイドゲーム を見てラグビー の予習をしちゃいましょう!

『ノーサイド・ゲーム』7/28(日) #3 次々と立ちはだかる最強の敵!! 闘いはグラウンド外へ…【TBS】
3話あらすじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました