ラグビー ポール

ルールについて

『紳士』ラグビー での不正なプレイについて『反則』

更新日:

こんにちは!

営業先で学生ラグビー を見てテンションが上がっているモッペイです!

今回はラグビー でやってはいけないプレイ、不正なプレイを紹介していきます。

ルールが色々あるラグビー でやってはいけないプレーとは、どのようなものがあるのでしょうか?

さすが紳士のスポーツと言われるようなものがありますのでご注目を!

相手を妨害してはいけませんよー!

なんじゃそりゃ?ですよね。タックルとかで相手の妨害しているのに(笑)

基本的にラグビー ではボールを持っているプレイヤーへのタックルは許されていますが、ボールを持っていないプレイヤーへの妨害は許されていません。

これは、グランドに転がっているボールを敵味方で追っているときに、肩以外でチャージしたりして妨害してはいけませんよーとかがあります。これ以外にも、オフサイドポジションのプレイヤーが故意に妨害するのもNGとされています。

ここで一番わかりやすい妨害をご紹介。ボールを持っている味方プレイヤーが相手にタックルされそうな時に、相手プレイヤーの妨害をしてはいけませんよーって妨害です。

これはイメージ的にアメリカンフットボールのQBを守るラインのようなプレイはダメですよ!ってことになります。

危ない!!危険なプレーは許しません!

ラグビー では危険なプレーは許されておらず。厳しく罰せられます。

危険なプレーとは暴力等はもちろん禁止!(踏みつけたり、足でつまづかせたりするのもNG!)そして危険なタックルも厳重に NGとされています。

ここで危険でNGとされている危険なタックルをご紹介していきます。

トレーナーと怪我した選手

肩より上へのタックル

肩より上へのタックルは危険とされNGとされています。肩より上なので首や顔、頭へのタックルとなりますので危険ですね。タックルは肩より下に入らなければいけません!

タックルをして相手を持ち上げて叩きつける

タックルの入った後に、相手を持ち上げて地面に叩きつける行為は禁止です。頭から相手を地面に落とすことに繋がり危険になりますからね。タックルの勢い余って持ち上げてしまう事があるのですが、その際は叩きつけるのではなく、フワッとその場におくしかありません(笑)

ノーバインドタックル

これはタックルなのかは微妙ですが、一応ご紹介!バインドとはタックルの際に相手を掴むという事です。ノーバインドタックルというのは、バインドをしないで相手に向かって本当に体当たりするような形になります。こちらもかなり危険となりますのでNGとされています。

他にもキックを蹴った後のプレーヤーにチャージする事がNG。モールを故意に崩すのはNG。等々あります。全てに共通する事が危険であり、事故に繋がる可能性がある事です。

このようなプレーをNGとする事でラグビー 選手を守っているんです。

不当な行為や欺くようなプレーをしてはいけません!

ラグビー は紳士のスポーツ。不当な行為やレフェリーを欺く行為はしてはいけません。

故意にノックオンをしたり、同一の反則を繰り返したりという事が不当な行為に当たります。

基本的にラグビー では故意に何か悪い事や危険な事をすると罰せられます。

加えてレフェリーを欺く行為は許されていません。ラグビー ではレフェリーをリスペクトをするスポーツですので、レフェリーに歯向かったりとかはもちろんNG。サッカーのようにわざと倒れてPKをもらうような行為は罰せられます。 最近ではサッカーでもビデオ判定も導入されてきてるので減ってきてるそうですが… も

ラグビーでは、こうゆうシチュエーションはあまりないですけどね(笑)

もし該当のプレーをしてしまったら?

もしも、該当のプレーをしてしまったらどうなるのでしょうか?

審判が「ぴーーーーー」っと笛を吹きとりあえずペナルティがとられます!

そこから、プレーが一次中断され審判にお呼ばれして、注意を受けます。ひどいようですと、イエローカードを提示されて『シンビン』(10分間の退場)となります。もっと悪質でひどい場合には、レッドカードが提示されその試合から『退場』となります。

レッドカードが出るのはそうそうありません。出る場合にはよっぽどですね。僕は未だ見た事がありません。

基本的にはどの選手も、該当にある危険なプレーなどを行おうと考えてはいないので、シンビンや退場はなかなかおきませんね

 

まとめ

以上がラグビー でやってはいけないプレイ、不正なプレーのご紹介でした。

故意に悪いこと、危険なことを行ってはいけません!ということなんですね。実際にラグビー をプレーをしていても、紹介したようなプレーってホントにあまり見ないんですよね。だってペナルティを受けたら10m後退ですから陣地とられてしまいますから!それで負けてしまうかもしれません!

そんなことやっている暇ないんですよ(笑)

紳士のスポーツですから。ラグビー 選手は自分を律してルールに沿ってプレーを行います。

クリーンなラグビー な方が見てて楽しいですからね!

それでは、また!

-ルールについて
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.