はじめて

じつは簡単、はじめてのラグビー。

更新日:

秩父宮ラグビー場

ラグビー大好きモッペイです!

最近テレビやニュースで、ラグビーが取り上げられる事が多くなってきましたね!

それもそのはず、来年日本で開催されるラグビーワールドカップの開幕まで1年をきったんです。

折角、ワールドカップが日本で開催されるので、乗り遅れない為にも

初めての方でも楽しめるようラグビーについてご紹介していきます。

 

 

ラグビーてどんなスポーツ?

ラグビーは1チーム15人で2チーム合計30人で行なわれます。

30名で一つのボールを奪いあって、相手陣内の一番奥にあるインゴールにボールをつけるとトライ、得点になります。

またキックで相手陣内にあるH型ポールの間を通しても得点となります。

この二つの得点を競い合うスポーツなんです!

相手陣内を目指して敵にブルドーザーの如く当たって突き進むか、キックやパスを使って相手陣内の一番奥を目指し、逆に自分達のインゴールを守る為にタックルをして止めていくスポーツなんです。

30人の人間が一つのボールを巡ってそれらを行うので、ゴチャゴチャに見えるんです!

 

ボールより前に出ちゃだめ?

「とりあえず相手陣内の一番奥を目指すなら前にパスして進めば簡単じゃね!?」

と思ったそこのあなた!それがダメなんです。(笑)

ラグビーには《ボールより前でプレーしてはダメ!(ボール前に投げたらあかん!)》っていう大原則があるんです! ←(お前先に言えよ笑)

ボールを前に投げちゃいけないんです…パスは後ろじゃなきゃいけないんです…

この大原則、縛りがあるためにボールを前に落としてもダメなんです。

ボールを前に投げる=スローフォワード

ボールを前に落とす=ノックオン

スローフォワード、ノックオンという反則となり、相手ボールのスクラムになってしまいます。

《ボールより前でプレーしてはダメ!(ボール前に投げたらあかん!)》の大原則を頭の片隅においておけば楽しんでラグビーを観戦出来ること間違いなしです!

スポーツ版陣取り合戦!?

グランド説明図相手陣の一番奥を目指す、反対に相手は自分の陣地奥を目指して突っ込んできます。

グランドには敵味方30人がひしめきあっているので、真っ直ぐ進んでしまうと直ぐに相手に捕まってしまいます。

敵がいないスペースを作ったり、敵を一箇所に集めておびき出したりと戦術を駆使してどうにかして得点を狙います。

陣地の奪い合いになるので、簡単に言っちゃうとラグビーって頭を使った陣取り合戦なんですよね。

モッペイの考えではラグビー=合戦なんです(関ヶ原的な笑)

合戦では相手の陣形を見て、戦略を練り、色々な兵隊さんが戦い進軍して行き、相手陣地奥の大将を目指します。

勿論、同時に自軍陣地を守りながらです!

最終的には大将を倒し、相手陣地奥に自軍の旗を掲げて勝利を知らせる。

自分的には昔からラグビーはこのイメージとマッチしているんです。

まさに現代版合戦!

陣取り合戦なんだーって見てもらった方が、簡単ですし、わかりやすいですよ!

 

一番大事!細かいことはキニシナイ!

実際にラグビー見る際には

  • ボールより前でプレーしてはダメ!(ボール前に投げたらあかん!)》の大原則
  • 現代版陣取り合戦

以上の事だけを頭の片隅においておけば必ず楽しめます。

細かなルールとかは確かにいっぱいあります!

ただ絶対にキニシナイほうが最初のうちは楽しめます!

ラグビーのルールって本当に細かいし、ルール変更も時代に合わせてあるので、ルールの理解はまずは置いて置きましょう!

モッペイの周りのラグビー友達でも、完全にルールを全て把握している人って本当に数少ないですから(笑)

まずは気軽にラグビーを見ることからオススメいたします!

-はじめて
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.