応援と選手

オールブラックス ノーサイド・ゲーム

オールブラックスのハカ「カマテ」について

投稿日:

こんにちは!モッペイです!

さて、今回は日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」でも紹介のあった

「ハカ」

についてのご紹介していきます!

最強黒衣軍団の舞

ラグビー にあまり興味がない人でも、彼らの名前は知っているのではないでしょうか?

オールブラックス(ニュージーランド代表)

オールブラックス。言わずと知れたニュージランドの代表チームの愛称です。

オールブラックスは恐らく、世界でトップの人気チーム、ラグビーを知らない方でも知っているくらい有名なチームです。

そして2011、2015とワールドカップで2連覇中、世界ランキング1位の最強チームです。

その、最強チームが試合前に踊る伝統的な舞が「ハカ」!

もともとは、マオリ族の戦士が戦う前に、手を叩いたり、足で地面を踏みならして、自分の力を示し、敵を威嚇する為の舞でした。

オールブラックスの試合前に踊る際には、自分を奮い立たせ、相手を威嚇するためだけはなく、試合を受けてくれた相手チームへのリスペクトを込めて踊ります。

対戦国から見たらかなり嫌だろうな…いっつも思います(笑)

でかい人達にこんな踊りされてしまったら、わたしなら漏らしてしまう自信があります。

2パターンあるハカ

オールブラックスのハカは2種類存在しています。

それが「ka mate」と「kapao o pango」。この2種類のハカを試合前にどちらかを踊ります。

いやいや、まずなんて読むんじゃい!って人のために、これからはカタカナ表記で(笑) 「カマテ」「カパオパンゴ」

今回は「ノーサイドゲーム 」でも話に上がった、「カマテ」について紹介していきます。

タイ料理屋にありそうな「カパオパンゴ」については、披露されてまだ歴史が浅いので。今回は歴史ある「カマテ」をご紹介!

ハカ「カマテ」の歌詞&意味

「カマテ」については、オールブラックスと言えばこれだ!くらい有名となっているハカですね。

日本の方も聴きやすいのではないでしょうか?

ただ、なに言ってんのか分からないですよね。それもそのはず、英語でももちろん日本語でもなく、マオリ語で歌いながら踊っているんです。

日本人の耳には

「頑張って、頑張って、いこーよ♪」

と言う音で聞こえることもあります。

実際、わたくしも学生時代には真似する時に「頑張って、頑張って、いこーよ♪」と言って踊ってました(笑)

それでは、歌詞のご紹介!

<リード>
Ka mate, ka mate!
カ マテ! カ マテ!
<コーラス>
ka ora! ka ora!
カ オラ! カ オラ!
<リード>
Ka mate, ka mate!
カ マテ! カ マテ!
<コーラス>
ka ora! ka ora!
カ オラ! カ オラ!
Tēnei te tangata pūhuruhuru
Nāna nei i tiki
mai whakawhiti te rā
テネイ テ タナタ プッフル=フル
ナア ネ イ ティキ
マイ ファカ=フィティ テ ラ!
Ā, upane! ka upane!
Ā, upane, ka upane,
whiti te ra!
ア ウパネ! カ ウパネ!
ア ウパネ! カ ウパネ!
フィティ テ ラ!

http://www.worldfolksong.com/folkdance/haka-war-cry.html

ハカを先導していく<リード>部分に関しては、伝統的にマオリ族の血を引いている選手が行う慣習があります。

まあ、伝説のウマガキャプテンの時は特例で血筋ではなかったですが、リードをしたりとありましたが!

続いてお待ちかねの日本語訳でございます。

私は死ぬ! 私は死ぬ!
私は生きる! 私は生きる!
(リピート)
見よ、この勇気ある者を。
この毛深い男が 太陽を呼び 輝かせる!
一歩上へ! さらに一歩上へ!
一歩上へ! さらに一歩上へ!
太陽は輝く!

http://www.worldfolksong.com/folkdance/haka-war-cry.html

これが「ノーサイドゲーム 」1話で取り上げらた日本語訳となります。

死と隣合わせで戦う、戦士の踊りにはピッタリの歌詞ですね。

この、奮い立たせる意味をノーサイドゲーム では会社や仕事に置き換えて話をしてたんです! 

実は沢山あるハカ

さて、ラグビーニュージランド代表のハカ「カマテ」を紹介いたしましたが、実は他にもハカって沢山あるんです。

オールブラックスのハカは「カマテ」と「カパオパンゴ」の2種類になるんですが、他のもスポーツでもニュージランド代表はそのチーム特有のハカを持っています。

女子ニュージーランド代表ハカ

あとはニュージランド国内のチームは、ハカを持っています。それはプロチームだけではなく、学校のチームもです。

しかも、みんなガチでハカを練習するんです。ハカが踊れないと試合に出れないチームもあるくらいですからね。

そのなかでも、オールブラックスのハカ「カマテ」はみんなの憧れのハカなんです。

ちなみ、現代では色々な場面でハカが踊られます。お葬式であったり、結婚式であったり。お祝いや別れの際に、チームでのハカを贈ります。

個人的なハカについての思い

何度かハカを生で見たことがありますが、感動というか圧倒されましたね。

全員が同じ方向を向いて、一致団結しているように見れる踊りなので、ただただ圧倒されます。

このハカによって、チームの結束も深まっているように感じるので、仕事とかに活かせないかな…と考えたりもします。

とりあえず、日本でのワールドカップでは、オールブラックスのハカ「カマテ」にご注目を!

-オールブラックス, ノーサイド・ゲーム
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.