ボールが滑る降雨ラグビー

ノーサイド・ゲーム

ラガーマンが「ノーサイド・ゲーム」1話を見た感想/あらすじ

更新日:

こんにちは!モッペイです!

ついに始まりましたね!日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」!こちらのドラマなんと題材がラグビー!

あの人気作家、池井戸潤さんの小説がドラマ化され、7月7日より放送スタートとなりました! なんか池井戸さんのドラマ化ってずっとやっている気がする(笑)

ラグビーのドラマって「スクールウォーズ」くらいしか知らない自分としては、ワールドカップ前にラグビーを知ってもらえる良いチャンスだと思ってます!

そんなラグビードラマ「ノーサイド・ゲーム」の1話を見て、のあらすじなどをご紹介していきます。

あらすじ

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。
ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。
異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・

出典元:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s1.html

*ネタバレ注意!簡単なあらすじネタバレ!

自らの再起を考えた君嶋は、14億円もの巨額赤字を抱えている「アストロズ」を廃部にする事で、自分は本社に帰れるのでは?と考えた。

そこで、「アストロズ」の粗を探してリストアップを行い、廃部に向けて書類作成を行っていった。

そんな夜、翌日から転勤してしまう工場長の吉原に、なぜラグビーが嫌いなのか?と尋ねられた。

君嶋は大学時代にラグビー部の同級生一人が、ふんぞり返っていて、校内でも人気があり、女の子にもモテており、心底腹がたったことを話した。それを聞いた吉原はその負けず嫌いな性格はラグビーに向いていると告げ、転勤していった。

そんな、君嶋だが息子よりラグビーをしたいとの話を受けて、ラグビーがどういったものか教えてもらう為、土曜日の府中工場グランドにて練習中の「アストロズ」のもとへ向かう。

タックル練習に参加するも肩を痛めてしまう。ラグビーの危険性について多英と話すも、多英からは怪我をしない体を作るスポーツであると伝えられる。

そこへ社長の島本がグランドに現れる。君嶋は正直に「アストロズ」は会社にとって14億円をドブに捨てているような価値のないものだと伝える。

島本社長はハカについての話を熱くするが、君嶋に響くことはなかった。

君嶋は本社に向かい、「アストロズ」廃部の書類を、自分を府中工場に飛ばした滝川に渡す。

瀧川もアストロズ廃部を希望する一人だった為、「アストロズ」を廃部にすることが出来れば、君嶋は本社に戻れるのではと考えていた。

しかし、「アストロズ」が廃部になったとしても、本社に戻すつもりはない事を滝川に告げられ、君嶋は呆然自失となってしまう。

気づくと雨の府中工場グランドに君嶋はたどり着いていた。そこで、雨の中タックル練習を繰り返した。

その夜家に帰ると、息子がラグビーをやりたい理由が、いじめを受けた事からだと知る。

息子にラグビーはケンカではなく、ノーサイドの精神を大事にしている事を伝え、息子の覚悟を知りラグビーをする事を許した。

君嶋がアストロズ廃部の書類を提出したことが、「アストロズ」関係者に知れ渡り、話し合いがもたれた。

最初は廃部を考えていた君嶋だが、ラグビーの精神にふれ、どん底の自分と「アストロズ」で一緒に戦っていきたいと伝える。

目指すはプラチナリーグで優勝をし、自分たちの価値を分からせること!

どん底の人間たちの逆襲が今始まる!

ラガーマンも震える名言

この「ノーサイド・ゲーム」、やはりラグビー ドラマ!ラガーマンが震える名言が多かったですね。

島本社長がハカについて熱く語った場面。

「私は死ぬ!私は死ぬ!私は生きる!私は生きる!見よ!この勇気ある者を ここにいる男たちは 再び太陽を輝かせる一歩上へ!さらにもう一歩上へ 輝く太陽の中へ!」

「どんな状況でも諦めることなく戦うんだ!私はその姿に無性に惹かれる。だからこそ、応援せずにはいられない!」

ここめっちゃ震えました!社長!俺ついて行くっす!

君嶋が息子にノーサイドの意味を説明した場面

「ラグビー にはノーサイドって言葉がある!試合終了の笛がなったら敵味方なく、一つの仲間になる。それがラグビーの精神、スポーツマンシップっていうらしい!最後には許せるか。正々堂々と戦ったあと握手できるか。お前が教わりたいのはそういうラグビー か!?」

ラグビー のノーサイドの精神を余すとこなく表現している、名言。最高です!

ラグビー精神、ノーサイドについての説明

感想 今後の見どこと

1話を見て、めちゃくちゃ面白いドラマになると確信いたしました(笑)

ラグビーのシーンについてはガチでやってました!めちゃくちゃガチ! というか本物の元日本代表の選手が俳優として役を演じてましたのでかなりガチです。

タックルのシーンとかは、忠実に再現されていますし、なんなら普通にタックルしていました(笑)

ラグビーのシーンってCMとかでも、あんまりガチで行うところがないですが、この「ノーサイド・ゲーム」についてはガチ!

今後もラグビーシーンがかなりあると思いますので、そういった点は今後も期待できます。

あとは1話で、物語のストーリー上しょうがないと思うんですが、ラグビーのネガティブキャンペーンがひどかった気が…

君嶋の子供が学校でいじめっ子に

「お前の親父ラグビーやってんだろ?ラグビーってダッセェ!」

というように言われる場面があったのですが、そんな〜(笑)と思ってしまいました。

さすがにそんな事はリアルでは言われないだろ…と(笑)

まあ、ここから少しづつラグビー に対してのポジティブキャンペーンが行われると思うので楽しみでもありますがね!

このドラマを見てもらって少しでも、ラグビー に興味が湧いてくれる人が増えれば…

今後は日曜日が待ち遠しいですね!

それではまた!

-ノーサイド・ゲーム
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.