「実録」ラガーマンってモテるの?

交代選手 はじめて
交代選手

こんにちは!モッペイです!

今回は、みなさんが気になっているかもしれない、ラガーマンがモテるのか!?というおはなしです。

前から、かなりの方に聞かれるんですよね?

「ラガーマンってモテるの?」

個人的には人それぞれだろ(笑)と思いますが、気になってる方もいらっしゃるかと思いますので、この疑問にお答えいたします!

ラガーマンって実はけっこうモテます

モッペイの体感ですが、ラガーマンはけっこうモテます。(笑)

個人的に考えるモテる理由は

  • 鍛えぬかれた逞しい筋肉
  • 身体の大きさから滲みでる包容力
  • 痛みを知っているからこそ優しい
  • 私生活とラグビー中のギャップが萌える

上記がモテる主な理由だと、モッペイは考えております。

・鍛えぬかれた逞しい筋肉 ・身体の大きさから滲みでる包容力

ラガーマンの肉体は筋トレやトレーニングで、逞しい肉体となっており、筋肉が好きな方にとってはかなりのプラスポイントですね。またスクラムを組むフォワードの選手は身体が大きく包容力があるように見えて人気があります。

・痛みを知っているからこそ優しい

そして何と言っても優しさが一番の理由だと思います。タックル等で痛みを自分自身で知っているので、人に対してかなり優しいです。ラグビー 精神である「one for all all for one」もあり、人のことも考えられるので優しさMAXですね(笑)

「one for all all for one」についての説明は→こちらから

・私生活とラグビー 中でのギャップが燃える

私生活の時とラグビー をプレイをしている時でのギャップにキュンとするという意見をよく聞きます。 私生活の時には想像も出来ないような、激しく相手とぶつかったり、相手と戦っている姿はキュンポイントなんでしょう(笑)

ラガーマンがモテる理由が少し見えてきましたかね?(笑)

ラガーマンといってもバックスとフォワードの違いによって、人気に差があるのは当然。

次にポジションによっての違いをご説明いたします!

モテモテなバックス陣

バックスの選手はモテモテ!嫉妬するくらいモテモテ!(笑)

バックスの選手はスピードが必要となってくるので、細マッチョ体型の選手が多く華麗なプレーも多いのが人気の理由ですね。

バックスはトライを取りきるポジションであったり、チームの司令塔な役割を担うなので、目立つんですよね〜

バックスの選手はフェイスもシュッとした、イケメン選手が多いですしね…

2015RWCで大人気になった五郎丸選手や山田選手もバックスですね!バックスの中でもウィング、フルバックが人気なイメージがあります。

学生時代になるとバックスの選手はキャーキャー言われていて羨ましかったです。(笑)ラブレターもらっている人もいたし…

安心感で勝負のフォワード陣

フォワードの選手はバックスの選手に比べると、残念ながらモテる!とはあまりいえないかなって感じですね(笑)

ポジション的に縁の下の力持ちな役割が主になるので、バックスの影に隠れてしまうんでしょうか…

ただし、人気がないわけではありませんよ。バックスの選手よりも大きな身体で安心感があり、そこに惹かれる方が多数いました。 

フォワードの選手ってチームの為に、愚直に走ってタックルして、スクラムを組むポジションの為か、心優しい選手が多い気がします。

特にスクラム最前線のプロップ、フッカーの選手は優しさの権化みたいな選手が多かったですね。

優しくて、安心感のあるフォワードはバックスの選手よりも結婚が早い気がします。

実際にモッペイの同期も、学生時代はバックスの選手の方がモテモテでしたが、社会人になってからはフォワードの方がモテてしまい、特にプロップの選手が一番早く結婚していきました!

まとめ

ラガーマンがモテる理由を理解して頂けたでしょうか?(笑)

ただし、これはモッペイの個人的な意見ですので悪しからず!

実際はモテるモテないはそ個人差がありますからね(笑)

ワールドカップを見てもらえれば、ラガーマンがモテる理由が確認できるかもしれませんので是非!

コメント

タイトルとURLをコピーしました