ラグビー観戦

ラグビー用語

ラグビーのノーサイド精神ってどんな意味?試合が終われば友だちに!

更新日:

こんにちは!モッペイです!

昨日、テレビを見ていたらなんとラグビー 日本代表選手が出てるであるではないですか(笑)しかもなんと嵐の櫻井くんが司会の特番歌番組! 嵐の櫻井くんの弟はラガーマンですし!

出演してたのは田中選手、福岡選手、山田選手の3人。星野源の「恋」ダンスを慣れないながら踊っていました! もちろん、2019年日本ラグビー ワールドカップの宣伝も3人でしていました!まさか、ラグビー 選手が特番の歌番組にでることになるとは… ラグビー も認知してきましたね!

そんな今回はラグビー の「ノーサイド」について解説していきます!ノーサイドという曲もあるくらいラグビーでは有名な言葉になります!

そもそもノーサイドって?

ラグノーのノーサイドとは試合が終了という意味になります。ラグビーでは試合終了の際にレフェリーが終了の笛を鳴らしますが、この時にノーサイドになります。

これは試合中ではサイドに別れて両チーム勝利を目指して戦いますが、試合が終わったら別れていたサイドがなくなりますよってところから由来されています。

海外の英語圏ではノーサイドとは呼ばれずにフルタイム!っと呼ばれています。個人的にフルタイムよりはノーサイドの方がラグビー 的にしっくりきて好きですね。フルタイム!というと仕事っぽくなるので…(笑)

試合終了したら敵味方はないよ!

ラグビー ではノーサイド(試合終了)となったら敵味方はなくなります!

なくなります?

試合終了まで身体をぶつけあって戦っていた人たちが敵味方がなくなるなんてことがありえるのか?

ラグビー ではそれがあるのです!

試合が終わったら、敵味方、ポジションが違ってもラグビー を通して仲間となるのです。

これは紳士のスポーツのラグビー ならではの精神となります。試合では激しくぶつかりあっていますが、試合が終了すると、お互いの健闘を称え合う精神ですね。

子供の頃と一緒だとモッペイは思うんです。喧嘩するほど仲がいいというか、ぶつかりあった相手ほど痛みもわかるぶん仲良くなるんですよね(笑)

 

両チーム交友深めるアフターマッチファンクション

ラグビー では試合終了後に両チームの交友を深めるアフターマッチファンクションというものが設けられています。これば試合終了後にお互いの健闘を称え合いをする会となります。

食事会をしたり、飲み会をしたりと様々になります。相手の同じポジションの人と話したり、試合でのプレーを振り返ったりして交友を深める会で物凄く楽しい会になります。

地方の遠征に行くと、バーベキューをしたり、ジンギスカンをしたりと多種多様になりめちゃくちゃ楽しいです。

さっきまでタックルしたり、されたりと身体をぶつけあっていた人間と美味しいご飯や、飲み物を飲んで仲良くなってしまうんですからね!他のスポーツにはない光景でなないでしょうか?

会の最後には、その試合の優秀選手を決めてお互いにエールを送ってお開きとなります。ただし、2次会もある場合も(笑)試合まで知らない人ですからね! ラグビーファミリーって素晴らしい!

ノーサイドを題材にした曲が存在!

このノーサイドを題材にした曲が日本には存在します。題名は「ノーサイド」。そのまんま(笑)

これは日本が誇るユーミンが作成した曲になります。若い方は知らないかもしれませんが、ユーミンは松任谷由実さんです。「ひこうきぐも」を歌っていた日本で有名な女性歌手です!

こちたの「ノーサイド」ぜひ聞いてみてください!

ユーミンが高校ラグビーの聖地花園で行われた、全国高校ラグビー 選手権決勝戦にインスピレーションを受けて作った曲になります、青春の1ページを歌っていますので、おじさんおばさん達は泣いてしまうかも(笑)モッペイは昔を思い出してセンチメンタルな気持ちになります…

ノーサイドになったらみんながラグビー の仲間

ラグビー ではノーサイドになったらもう仲間になるんです。試合中にどんな歪みあっていても試合終了の笛がなってしまえばもうラグビー 仲間になってしまいます。

試合中に喧嘩してシンビンになった両者がノーサイドになったら肩を抱き合って笑いあって楽しく喋りあう。それって素晴らしいですよね!後腐れが全くないんです。

これが「ノーサイドの精神」!どんな点差がついても勝者が相手を蔑むことはないですし、相手に対して嫌味を言うことはありません。

この「ノーサイド」があれば戦争がなくなるんじゃないか?と思うくらいそこには平和があふれています(笑) モッペイは本当に冗談ではなく「ノーサイドの精神」が世界平和をもたらすと信じています。

最後は世界の話になってしまいましたが、この「ノーサイド」。夫婦喧嘩してしまっている方がいましたらオススメのキーワードですよ(笑)

それでは、また!

 

 

-ラグビー用語
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.