ポジション解説

ラグビーのポジション、フッカーの役割とは?

更新日:

こんにちわ!モッペイです!

ラグビーでは色々なポジションがあります。

ポジションによって様々な仕事、役割があります。

見た目だけでは伝わらないポジション毎の特性をご紹介していきます!

まずはモッペイが長らくプレーしてきたフッカーからご紹介していきます。

スクラムの舵取り役

フッカーはフォワードの中の一名になります。

ポジションナンバーは2番!

スクラムでは一番先頭のど真中に位置するポジションになります。

マイボールの時にはスクラム先頭の中心で、ボールを足で掻き出す役割を担っています。

ボールを足で掻き出すこと「フッキング」といい、これがフッカーの名前の語源といわれています。

「フッキング」は実に繊細なプレーで、チームにとってかなり重要なものになります。

ただ足で掻き出すってだけではなく、ロックの股下を綺麗にボールを通さなければならず、尚且つ最後尾にいるNO,8が簡単にボールをコントロールできるようにしなければなりません。

これかなり難しいんです。あまりにも掻き出す力が強すぎるるとスクラムの中でボールが暴れてしまいますし、弱すぎるとNO.8まで届かないし…

暴れてしまったり、ボールが届かなった場合ボールを相手にとられてしまう可能性も出てきてしまいます。

しかも体重100キロ超×8人が全力で押し合いしている最中に、フッカーはフッキングする瞬間ただ一人だけボールを掻き出すために片足で全てをささえなければなりません。

もちろん「フッキング」する時には、相手もここぞとばかりに押してくるので繊細な技術とパワーが必要になります。

 

しかもスクラムの真ん中にいるのでスクラムの舵とりも行なわなければなりません。

スクラムの真ん中から左右にいるプロップ、後ろに付くロック、その後ろと横のフランカー、NO.8に指示を出してスクラムの舵をとっていくんです。

プロップの特集記事も下にありますので宜しければ是非!

ラグビーのポジション、プロップの役割とは?

「この場面は3番側に圧力をかけよう!」

「1番側がやられているから、そこをフォローしよう!」

と言った具合にスクラムでは、その舵をとっていくのがフッカーのお仕事になります。

 

責任重大、ラインアウトのスローワー

ラインアウトでのスローイングをするスローワーを任される事が多いです。

フッカーが投げる決まりはないですが、どこのチームもフッカーがスローワーをしていますね。

これはフッカーの人が器用な人が多かったり、チーム編成上でチームが楽だからです。 (交代選手も限られているのでフッカーがスローワーと決めてしまった方が交代等のやりくりが楽なんです)

このスローワーの役割も大変…

膨大なサインを覚えなければならないし、スローイングの練習いっぱいしなきゃいけないし…

ラインアウトはスローイングの正確さが求められており、キャッチする人を呼吸が合わないとボールを獲得することができません。

スローイングはかなり技術がいるもので、練習を多くこなさなければ上手くなりません。かなり難しいんです。

大雨の時には最悪ですからね。ボールがツルツル滑って投げれたもんじゃないですから。

ラインアウトが取れるか取れないかで、勝ち負けが決まると言っても過言ではないくらいなのでかなり責任重大なんです。

フィールドでは何でも屋さん

実はフッカーのポジションの選手は器用な人が多いんです。パスも上手かったり、アタックも上手だったりと。

フォワードでもバックスラインに入ってアタックしたり、ボールをもらってから当たるだけでなく、パスを投げたりとプレイするフッカーの選手が多いですね。

近代ラグビーでは前5人(プロップ、フッカー、ロック)に走り回る能力も求めらているのでフッカーでも仕事量が尋常じゃなく多いです。

フッカーはチームのセンターライン(屋台骨)も担っているのでフィールドでも味方に指示を出したり、アタックでは突破を図ったり、ディフェンスではタックルもちゃんとしたり、と仕事は多岐にわたります。

やること多すぎですね。かなり大変です。

 

すべては〇〇の為に!

本当に役割が多いんです。それを一つ一つ精度を高めなけれならないんで時間がかかるんです。

全体での練習後のポジション練習は本当に長いですね。そりゃそうですよね!スクラム練習もしなければならず、フッキング練習もしなければならず、スローイング練習もしなければならず、フィールドの練習もしなければならないですからね。

一つ一つが責任重大なんで決して手を抜けません。日が暮れても練習を続け、練習がおわたっらラインアウトのサインを覚える勉強…

家族の為に残業をして身を削り働くお父さんみたいですね。

すべてはチームの為に!そういう気持ちでモッペイもフッカーを務めてきました。

フッカーのポジションの人は責任感があり、リーダーシップがある人が多いイメージです。

キャプテンや副キャプテンに任命される人もかなり多いです。

ラグビーのリスタート時(スクラムやラインアウト)は、フッカーからプレーが始まるので、そういったところもリーダーシップや責任感に繋がっているのだと思います。

 

 

 

 

 

-ポジション解説
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.