ラグビーのよくわからない、人の密集について解説!

ラグビー用語

こんにちは!モッペイです!

ラグビーをちらっと、見たことがある方は

「なんか、人が密集しているけど、あれ何してんの?」

と、思うかたが多いと思います。

ボール見えないしどうなってんだ? 人がグチャグチャいてよくわかんない!中ではなにが起きているの?

ラグビーではこの、密集をラックとよんでいます。

このラックがラグビーをよく分からなくしている要因だと思っています。

このような、ラックは試合の中でたくさん生まれます。この密集でなにをしているのかが理解できるとラグビーがより面白くなります。

今回はラックについて、簡単に考えていいんだよ!という感じでご紹介していきます。

ラックってなんなんだ?

ラグビーではタックルが起きて、ボールを持っている人が地面に倒れると、敵・味方の両選手が、わらわらとその場に集まってきます。

そのわらわらと集まってきた選手が、押し合いながらボールを奪いあいます。

これが

「ラック」

となります。

わかりやすい動画があるので参考にどうぞ!(笑)

ラグビーのルール 第3巻 密集篇 feat. Kishiboy

このラック状態でボールの奪い合いが行われいる時に、反則が多くなります。

反則の過半数以上はこのラック周辺で発生すると、考えてもいいくらい!

そして、反則もわかりづらい!

なんせ、人がグチャグチャと密集しているので、観戦している側からは見えないことも多々あります(笑)

しかもラグビー経験ある人でも、このラック周辺での反則があまり理解されていない人もいるくらいです(笑) そりゃ、あまり観戦していない人が見てもわからないのは当然!

とゆうか、「ラグビーのルール、まじわかんねーんだけど!」この原因がラック周辺の反則によってだと考えてます(笑) 

ラック周辺の反則は多いし、あまり覚えなくても問題ありません!(もちろん覚えていた方がより楽しめます)

ラックについては簡単なことだけ覚えてもらえればOKです!

ラックについて覚える簡単なこと

  1. 手を使っちゃダメ
  2. ボールに覆いかぶさっちゃダメ

この2点だけ覚えてもらえればラックについてクリアです(笑)

基本的にラックってプレイ中に発生する、小さいスクラムみたいなものなんです。スクラムはプレーを再開する時のセットプレイ押し合ってボールを奪い合います。

スクラムの解説はこちら

スクラムでは足を使ってボールを後ろに到達させるのですが、ラックでも一緒の形になります。手を使ってしまうと反則になってしまいます。

あとはボールに覆いかぶさってしまうと、ボールが継続できなくなってしまうのでこれもダメ! 

この2点だけで十分です!

ラックの中ではなにが起きているのか?

あんなグチャグチャしている中では、なにが起きているのでしょうか?

体験談をもとにご紹介していきます。

ラックのなかでは激しい押し合いにより、ボールの争奪戦が行われます。

しかし、これはタックルされた選手、タックルした選手の倒れている上で行われることとなります。

倒れている選手がいますので、その選手はスパイクで踏まれたり、上に人が乗っかってきたりするので悲鳴が聞こてくることがあります。

「重いーーー!早くどいてくれーーー!」といった感じに(笑)

あとはかなり密集してグチャグチャしているので、よくわからないですがパンチされたと感じることも多々ありました。

密集しすぎててなにがなんだか、分からないんですね(笑)

あとは、人の頭と頭がぶつかる音もよく聞こえてきました。ボールの争奪戦で頭をぶつけあうこともあるので、そこら中から「ゴッツ、ゴッツ」と聞こえてくることもありました。

ラックでは主にフォワードがボールの奪い合いを行います。もちろんバックスもラックに入りますが、フォワードが主にって感じですね!

このラックでの奪い合いは痛いし、押し合いもするしでかなり消耗します。

ラックで頑張っているフォワードがいたら、応援をしてあげてください(笑)

まとめ

ラックのことが少しでもお分かりいただけたでしょうか?

復習ですが、ラックの反則はだいたいでOKてことと

  1. 手を使っちゃダメ
  2. ボールに覆いかぶさっちゃダメ

この2点の簡単なことくらいです!

これだけ覚えてラックを見てもらえれば、ラグビーがより面白くなると思います!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました