はじめて

ラグビーを始めるきっかけとは?

更新日:

こんにちはモッペイです!

最近もっぱらテレビでラグビーの特集が多いですね。

冬はラグビーの季節ですし、なんといっても来年のワールドカップに向けて日本代表の試合も多く予定されていますからね!

そんなこんなでラグビーの露出が高いからか、会社や周りの人にこんな質問をされます。

「なんでラグビー始めたの?」

最近めちゃくちゃ聞かれます!

まああんな激しくて、痛いスポーツあまりないですからね。気になるんでしょう(笑)

周りの人達からしたら、なんでラグビー始めたんだろうと疑問を持つのも無理ないでしょう!

今回はラガーマンがラグビーをはじめたきっかけについて、色々なパターンがありますがいくつかご紹介していきます。

気づいたらラグビーしていたパターン

物心ついた時から楕円球を追ってました。というパターンですね。

このパターンについては親がラグビー経験者かラグビー大好きな人で、物心つく前から子供にラグビーやらせるパターンですね。やらせるっていうと語弊があるので、ラグビーを「勧める」ですね(笑)

もはや子供に逃げ場はないですが… 自分の意思に関係なく始めちゃったパターンです。まあ気づいた時にはラグビーが楽しくなってしまっている状況なんで幸せかもしれませんね。

親としては教育の一貫としてラグビーを始めさせる側面もあると思います。

ラグビーは団体競技ですし、スポーツ的にも仲間との絆が大事になってきますから。あとやっぱり痛みを知るって事も経験できるので!

子供の頃に痛みについて理解するって貴重ですよね。

先輩や友人からの誘いで

友人や、先輩からの誘いでラグビーを始める人も多いですね。中学、高校の入学時に勧誘をされて始めるルートですね!

かくいうモッペイもこちらに該当します。いま思い返すと、勧誘というか強引に仮入部に連行された形でしたが…

帰りのホームルーム中にクラスの外に既に先輩達が待ち構えており、ラグビー場に連行されていました。もはや拉致です(笑)

モッペイ「ぼくラグビーやるつもりないんですけど…」

先輩「もう仮入部でグランドにきたから入部だよ。辞めたければ、お前の友達を10人連れてきて」

こんな怖い世界があるのか… カタギの発言ではないですよね…

ただ10人集めれば入らなくていいんだ!と思い何日かかけて必死に人をかき集めました。

やっとこさ10人集まり、先輩に改めて断りに行きました。

モッペイ「10人集めましたし、ラグビーもやる気ないんで…すいませんが入部はしません!」

先輩「あ〜無理だよ!言い間違えたかな?10人じゃなくて15人!ラグビーは15人のスポーツだからね。あといまお前抜けたら誘った友達が可愛そうだろ?」

この世の中は腐ってる… そこで僕は諦めてラグビー部入部を決心しました。

実際始めてみると友達と一緒にラグビーをするのが楽しくなってしまいハマってしまいましたが(笑)

私が誘った友達も続けてくれていますし、やはり誘われてラグビーを始めるのが多いですね。

 

暴走するパワーをラグビーへ!

中学校や高校時代には何人かいますよね。発散しきれないパワーを色んなものにぶつけるやんちゃな人や喧嘩とかしちゃったりする人です。ヤンキーさんですね(笑)

そんな人たちが、余りあるパワーをぶつける為にラグビーを始める事があります。

指導を受けた先生にラグビーを紹介されたりするんですね。

有名なラグビードラマ「スクールウォーズ」もヤンキーがラグビーをしていますしね。

私のラグビー仲間でも何人かいますが、荒れていた人がラグビーと出会って変わるんですね。退学寸前だったのに、ラグビーに出会って医者になった人や、大学に推薦で入学した人。みんなラグビーに出会って変わりましたね!

もちろんラグビー中に喧嘩や殴り合いをするわけではないですが、パワーをスポーツで発散できますから、そういう人には打ってつけなんでしょう!

 

きっかけは人それぞれ

それを言ってしまうとおしまいになってしまいますが、家族の影響だったり、誰かの誘いだったりが大きい形になりますね。

また地域毎によって違いは出てくるはずです。ラグビーが盛んな関西地域では違ったきっかけがあるでしょうし。(モッペイ話は関東圏です)

お近くにラグビー経験者がいらっしゃったら聞いてみるのも面白いですよ!

色々な始めたきっかけがあると思いますので!

是非聞いて見て下さい!

 

 

 

 

 

 

-はじめて
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.