ポジション解説

ラグビーポジション、スタンドオフの役割とは?

更新日:

こんにちはモッペイです。

今回のラグビーポジション解説はスタンドオフ編です!

ラグビーの花形であるスタンドオフ。

どういったポジションなんでしょう?

早速みていきましょう!

 

チームを動かす司令塔

スタンドオフの背番号は10番。パスやキック、ランを使いチームを前進できるように指揮します。

バックスをパスやランでラインアタックを操り、時にはキックでエリアを取ったりと役割は多岐に渡ります。

バックスのラインアタックを生かすも殺すもスタンドオフの能力次第です。ラインアタックがうまいチームには必ず素晴らしいスタンドオフがいますね。

 

スクラムやラックからパスアウトするスクラムハーフと共に、チームのアタックを指揮します。

スクラムやラックからフォワードが頑張って確保したボールを、ラックからでたボールをスタンドオフが外のウィング、センターに展開をしていきます。

ただ外に回すだけでは簡単にトライはとれないので、相手のディフェンスをよく観察をし穴を見つけてパス、ランを使ってアタックを繰り返します。

もしも自陣でのプレーとなってしまった場合には、キックを用いてエリアを挽回しなくてはなりません。

陣取り合戦のラグビーではエリアの獲得がだいじ!エリアの獲得にはスタンドオフのキックが鍵を握ります。スタンドオフがキックがうまければ陣地を楽に取ることができ、前進していくことができますからね。

 

溢れ出るイマジネーション

 

スタンドオフはラグビーの花形!スタンドオフの仕事はパスはキックにいっぱい。試合のテレビ中継でも一番映っているはずです。

しかしながらモッペイ的なスタンドオフの見せ所はファンタジー溢れるアタックです。

これはセンスあるスタンドオフに限られますが…

基本的にスタンドオフはセンスがある人が務めてるんですけどね(笑)

そんなスタンドオフの一瞬の閃きで繰り出すアタックは見ていてワクワクしますね!

「そこのパスを通すかー!?」

「そこのスペースを抜けるのか!?」

と驚かせてくれるプレーを見せてくれるので、ラグビーの花形と言われるのかなと個人的に思います。

日本でいうとパナソニックの山沢選手が個人的にゲキ押しのファンタジスタだと思いますので、要チェックです!!

 

 

相手から狙われる!?

バックスのラインでは一番内側のスタンドオフがラインをあげないと他のセンターやウィングが前に出てディフェンスを行うことができません。ここでもラインコントロールをします。

ディフェンス時の、バックスラインもコントロールをして、一番内側ということもありスタンドオフは相手に狙われます。

これはスタンドオフを倒して前進ができればそこからチャンスを作り出せますし、バックスラインから消えれば、ラインコントロールを乱すことができますからね。

そんな相手に負けないように、スタンドオフもタックルを練習して向かってくるフォワードを倒せるようにならなければなりません。

モッペイの経験上ですが、スタンドオフで「タックルが得意です。」という選手にあまりあった事はありません。まあ花形のイメージがありますからね(笑)逆にスタンドオフの選手でタックルがうまかったりするとかなり重宝されますね。

フォワードからの目線だと、スタンドオフの選手は決してタックルが得意でなくても構わないんです。ただ、タックルをしなかったり、カラダをはらなかったりすると、フォワードからの信頼を掴むことができません。モッペイのチームでもスタンドオフがタックルをサボったりするとフォワードからのブーイングが巻き起こります(笑)

憧れのまなざし

スタンドオフってみんなから憧れのまなざしで見られますね。

フォワードも練習前の遊びでは、試合ではそんなに使用しないパスをしたりキックをして

「いつかスタンドオフやってみたいな…」

と物思いにふけります(笑) 絶対に無理なんですけどね!!!

チームをコントロールする重責あるポジションなので、プレッシャーが半端ないんです。

技術、メンタルともに備わってないと任せられないポジションなんです。

そんなスタンドオフ達をみてみんなが憧れるんですね(笑)

 

-ポジション解説
-

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.