「疑問」ラグビー日本代表ってめっちゃ外国人いるのなんでなん?

応援と選手 日本代表
応援と選手

こんにちは!モッペイです!

日本でラグビーワールドカップが開催されるまであと少し。日本代表の候補メンバーも発表され、ワールドカップモードが高まってきました!

そこで、今回はワールドカップで日本代表の試合を初めてみる方や、普段ラグビーをあまりみない方が、絶対に気になるであろう、あの疑問について

その疑問とは…

『ラグビーの日本代表って、日本代表なのに         外国人がプレーしているけどなんでなの?』

この疑問。めっちゃ聞かれます!                     実際に自分もラグビーに携わってなかったら、めっちゃ疑問に感じると思いますし(笑)

まあ、確かに日本代表っていうのに、外国人であろう選手がいたらビックリしますよね?

今回はこの疑問について、ワールドカップ前に解消していきましょう!

国の代表選手になるためには

国を背負う代表選手って、どんなスポーツでも存在してますよね?

特に日本だとサッカーの日本代表選手は大人気!他にはオリンピックの水泳や陸上でも代表選手が存在しますね。

スポーツの代表選手になるには、そのスポーツ毎に決められたルールのもと代

例えばサッカーの国代表になるには、その国の国籍を持っていて他国での代表歴がなければ資格を有する事が出来ます。はたまた、オリンピックに出場する代表選手になるには国籍を持っていて3年以上在住していると資格を有する事ができます。

国籍を持っているって強いですね。パスポート強し!(笑)

このように、様々なスポーツで代表選手になるには、スポーツ毎にルールが存在します。

それではラグビーの代表選手の資格、条件はどういったルールがあるのでしょうか。

ラグビーの代表選手になるための条件

ラグビーの代表選手になるための条件は下記3点になります。

  1. その国で出生している
  2. 両親、祖父母の誰か一人がその国で出生している
  3. 3年間(36ヶ月間)、その国で暮らしてる

上記の3点のうち一つでも条件をクリアしていれば、その国の代表になる事ができます!*3の条件については2020年から36ヶ月から60ヶ月に変更になります。

ただし!!!!!!!「他国での代表歴がないこと」が前提条件となります!

これはサッカーと同じですね!

もともと、どこかの国で代表に選ばれた過去があると、もう他の国で代表になる事ができません。

たとえば「ニュージランド代表のレジェンドと言われた俺が、日本に3年間住んで日本代表に入って日本を強くしてやる!」てな事はできません。(笑)

以上が、ラグビーの代表になるための条件になります!

「あれ? 国籍って文字が見えないが、書き忘れか?」

そう思われているあなた! そうそこのあなた!書き忘れではありません!

なんと!国籍は関係ありません!

上記の条件を満たしていれば、ラグビーの代表選手になる資格があるのです。

さて、ラグビーの代表選手になるための条件が解ったでしょうか?

これでやっと「なんで日本代表に外国人選手がいるんだ?」という疑問が解けましたね!

それでも、こう思っている方もいるのではないですか?

「日本代表だけ、とりわけ外国人選手が多い気が……」

そんな事はないんです!!!!!

どこの国にもいる外国人選手

先ほどあげたラグビー の代表選手になる為の条件。これは世界中のどの国でも適用されるルールになりますので、何も日本だけが外国人選手がいる訳ではありません。

前回の2015年W杯では、日本が戦ったスコットランドやサモアは、日本よりも多くの外国人選手が存在していました。

外国人選手が多い多いと言わている、日本代表ですが他の代表国と比べても特段多いという訳ではないんです!

他の国よりも、多く見えてしまうのだとモッペイは考えております。

平たい顔族な日本人

そう我々、日本人は平たい顔族…

大人気漫画で映画も大ヒットした「テルマエロマエ」という作品では、日本人は平たい顔族と総称されています。たしかに、海外の人と比べるとホリが深くなくさっぱりしている我々日本人。

そんな平たい顔族の我々日本人と海外の人とでは顔の作りが、かなり異なります。

平たい顔族の中に、顔がものすっごい濃い人が入ったらどうでしょう?

また、名前(ネーム)表記についても日本と海外では違いがありますので、日本人からしたら横文字の外国人の名前は気になりますよね?

これらの事が合わさって、我々日本人からすると、ラグビー 日本代表に外国人がプレイしていると、他国よりも気になってしまうのでしょう!

鎖国していた時代もあるからか詳しくはわからないですが、我々日本人はマイノリティな存在をうけいれがたい人種だとモッペイは感じています。

海外の代表国だと、周りも濃い顔をしていたりしてもあまり外国人感がでないですからね。(笑)

まあ、このグローバルでダイバーシティを重んじている現代の世の中では、外国人は…という考えは既にナンセンス!

なんなら、ダイバーシティを考えると、ラグビー の国代表についての考えは最先端なのではないかとも考えられます。

日本代表の外国人選手について

日本代表には確かに外国人選手が多く存在しています。

全員が当たり前ですが条件を満たしています。

外国人選手は多くが日本に3年以上、居住して条件を満たしている選手になります。 

国内リーグのトップリーグがある日本には、海外から多くの外国人選手が集まってきます。なぜかというと

  • 他の国よりも高額な給料
  • 治安が安定している
  • 他国リーグよりもコンディション調整が可能(試合数の関係)

以上の理由で日本のトップリーグに多くの外国人選手が集まります。

このトップリーグで活動していくなかで、外国人選手は自分の意思で日本代表選手になることをめざします。

前提条件でもありますが、一つの国で代表歴があると他の国ではもう代表にななる事ができません。 

もし、日本代表になってしまうと、もう祖国での代表になる事は出来なくてなってしまいます。その決断たるや相当な覚悟になります。

祖国での代表資格を破棄して、日本代表を選んでくれています。

その気持ちは、「日本が好き」「日本に恩返しがしたい」等さまざまな気持ちですが、一ついえる事は日本という国の誇りを持って代表選手として世界と戦っているということです。

現キャプテンのリーチ・マイケル主将はニュージランド出身で、高校から日本に留学生としてきてそれからずっと日本でプレイしています。

高校生が言葉も通じない見知らぬ国にきて、辛いことがあっても日本でプレイをして、日本の為に日本代表のキャプテンにまで就任しました。もちろんもはや日本語はペラペラ!

また、今回代表候補に入ったトンプソン・ルーク選手。15年も日本で過ごす関西弁もバリバリのニュージーランド出身選手。彼も日本の為に身体をはり続ける戦士です。

彼らは、心のそこから日本の為に戦っている。

もはや、心は日本人といってもいいと思っています。

突進するマイケルリーチ
突進するマイケルリーチ

全ては日本の為に

外国人ってすごい書いてきましたが、この表記がモッペイ嫌いです(笑)

外国人がどうとうか、日本人選手が少ないとか関係ないはず!

選ばれた選手が日本代表なので、日本代表を応援したいと思っております。

日本で資格がある人で一番の選手が集まるのが日本代表ですからね!

誰かに

「ラグビー日本代表ってめっちゃ外国人いるのなんでなん?」

と聞かれたら資格条件の

  1. その国で出生している
  2. 両親、祖父母の誰か一人がその国で出生している
  3. 3年間(36ヶ月間)、その国で暮らしてる

3点を満たしているからと伝えてあげてください!それにプラスα

「日本を愛し、日本の為に戦ってくれている彼らを一緒に応援しましょう!」

と!

それでは!また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました