ラグビー,日本代表

日本が誇る堀江翔太の凄さやプレーの見どころまとめ。[ラグビー日本代表]

投稿日:

2019年、日本で開催されるラグビーワールドカップ。

ベスト8を目標に日々、練習に励むラグビー日本代表。

そんななかでも、目標のベスト8進出の鍵を握る堀江翔太選手。最近ではラグビーワールドカップPRのため、テレビにいっぱい登場していますので、見たことある方も多いかもしれません。

テレビでは体がゴッツイ面白い男と見られているであろう堀江選手(笑)

実は日本代表のなかでもトップクラスの実力の持ち主!世界の強豪相手でも全くひけをとらない日本が誇るすっごい選手なんです。

そんな、堀江選手について凄さやプレーの見どころをまとめました!

堀江翔太選手のプロフィール

  • フルネーム:堀江 翔太(ホリエ  ショウタ)
  • ポジション:フッカー(HO)
  • 所属:パナソニックワイルドナイツ、サンウルブズ 
  • 日本代表キャップ数:58(2019年7月25日時点)
  • 生年月日:1986年1月12日
  • 出身地:大阪府吹田市出身
  • 出身高校:府立島本高校(2001年〜2004年)
  • 出身大学:帝京大学(2004年〜2007年)
  • 身長:180㎝
  • 体重:104kg

堀江選手の経歴について

堀江選手がラグビー を始めたのは小学5年生。それまでは、サッカーに夢中だったようですが、肌に合わなかったようで、小学5年生から地元の吹田ラグビースクールへ入団したそうです。

小学6年生になると身長は175㎝とビックサイズに!体も大きく敵なしだったようです。 まあ175㎝って大人くらいありますもんね。

中学入学後には進学した学校にラグビー 部がなかったので、バスケ部へ入部。平日はバスケ、休日はスクールでラグビーというサイクルの生活だったようです。

めちゃくちゃアクティビティ!(笑)

高校は府立島本高校へ進学。ラグビー 激戦区の大阪府では3年間で花園には出場ができなかったが、高校3年で大阪選抜に選出されました。

普通は私立のラグビー強豪高から選手が選ばれるのですが、府立高からの選出でしかも選抜の試合で活躍してしまったのですから、堀江選手がとんでもないバケモノ級な選手だったことがわかりますね。

大学は帝京大学へ進学。ここでも大活躍!No.8やフランカーとして、相手のディフェンスをものともせずにアタックをしていました。

その当時に目の前でプレーを見たことがあるのですが、やばかったです(笑)ディフェンスにきた選手を吹っ飛ばして一回転させていました…そんなん普通できへんやろ…

堀江…ハンパないって!!!(笑)

大学4年時にはキャプテンを務め、大学選手権では準決勝で早稲田大学に負けてしまいましたが、その後強豪になる帝京大学の礎となりました。

大学卒業後に1年間ラグビー王国ニュージーランドへラグビー留学。

この時に将来や、自分の体格を考えNo.8からフッカーへポジションチェンジ。

日本に帰国しジャパントップリーグの強豪、三洋電機ワイルドナイツ(現在のパナソニックワイルドナイツ)へ2009年に入団。

強豪ワイルドナイツでも大暴れ。優勝争いをするチームの中心となり、リーグのMVPを2度受賞、7年連続でリーグベスト15受賞、キャプテンを務めたりと大活躍。

2013年の1年間はスーパーラグビーのレベルズへ入団。2016年には日本からスーパーラグビーに参戦するサンウルブズに所属し初代キャプテンに就任し、チームの中心選手としてチームを牽引しています。

ちなみにこの時はスーパーラグビーのシーズンが被らないので、日本でワイルドナイツの試合にも出場していました。ハンパなさすぎだろ(笑)

もちろん日本代表にも2009年から選出されており、2019年7月時点で58キャップ。 2011年、2015年のワールドカップにも出場。

日本開催のワールドカップでも選出が確実視されているトッププレイヤーです!

堀江選手のポジション、凄いところ

堀江選手のポジションはFWのまとめ役フッカー(HO)。スクラムでもラインアウトでも中心となるFWの核となるポジションです。

今では、日本ではNo1のフッカーの選手となっています。

フッカーの仕事はとても多く、フィールド、スクラム、ラインアウトとポジションの中でも一番忙しいと行っても過言ではないでしょう。

スクラムでは味方をコントロールする舵取り役、ラインアウトでは投げ入れ役であるスローワーを務めます。 この二つについては経験値や練習量がかなり必要になります。 

フッカーの詳しい説明はこちら→→→→フッカーについて

ラインアウトの詳しい説明はこちら→→ラインアウトについて

スクラムの詳しい説明はこちら→→→→スクラムについて

そんなフッカーというポジションですが、堀江選手のすごいところが、フッカーにポジションチェンジしてから、あっという間にトップレベルのプレイを可能にした

努力と向上心!!

堀江選手は大学卒業後に、世界を目指す為に自分の体格を考え、NO.8からフッカーへとポジションチェンジしました。

No.8はスクラムでは一番最後尾になりますので、最前列へのポジションチェンジになります。これかなり、最初は怖かったと思います。今まで見てきた景色と全く違いますからね。

ラインアウトでのスローワーの練習も1からなので、かなり大変だったでしょう!私もスローワーだったのでわかるんですが、数を投げ込まなければ絶対に上手くなれません!断言できます!

スクラム、ラインアウトとセットプレイでのフッカーにかかる責任は、大きいものになり、チームの勝利に直結してしますので堀江選手がフッカーにポジションチェンジする!と聞いた時には

「試合にでるまで時間かかるだろうなぁ…」

と、考えていました。

1年後

もう日本代表になってる…

いやぁ(笑)

堀江…ハンパなさすぎるって!!!

センスももちろんありますが、とんでもなく努力をしたはずです。

自分のため、日本代表のため。

世界と戦っても勝てるように、世界に飛び出していく向上心やばいです!

そして、先ほどサラッと書いた…

2013年スーパーラグビーのレベルズ入団

このレベルズ入団、かなりの快挙なんです!

スーパーラグビーは世界のラグビーリーグ。世界の強豪国の選手たちが集まる、世界でナンバー1のリーグと呼ばれています。野球でいうとメジャーリーグ、サッカーでいうチャンピオンズリーグにあたります!

海外選手達が集うリーグなので、日本人選手が参加することはあまりありませんでした。特にFWの選手はフィジカルやパワーの違いが直接関与するポジションなので、それまで日本人FW選手が参加した選手は誰もいませんでした。

なんと、堀江選手がスーパーラグビーに入団した最初の日本人FW選手なんです!

いまでは日本チームのサンウルブズがあるので、スーパーラグビーに日本人FW選手が出場することは珍しくありませんが、堀江選手が開拓したといっても過言ではないでしょう!

堀江選手、プレーの見どころ

アタックはもちろん強いんですが。

とにかく堀江選手は器用!そして派手!(笑)

スクラムやラインアウトなどのセットプレイの要のフッカー。普通、フッカーの選手ってあまりフィールドで目立つことはないんですが堀江選手は違います!

パスもするし、キックも蹴ることもあるし、アタックは強いですし(笑)

普通は、FWの選手でそこまで器用に行うことがで出来ないんですが、堀江選手は全て器用にこなしてしまいます。

中学時代のバスケットボールでの経験、No.8からポジションチェンジをした経験が生きているんでしょうね。

時には、ボールを背中からパスを通す、派手なトリッキーなパスをしたりします。

髪型もドレッドヘアーで派手ですしね(笑)この編み込みは奥様のお手製!

試合中にボールを持つ回数も多いですし、スクラム最前戦、ラインアウトのスローワーも務めますので、テレビ中継で抜かれることもかなり多いです(笑)

堀江選手のFW選手には普通できない、器用なパスに注目して見ていると楽しめるはずです!!

2019ワールドカップでの堀江選手への期待

堀江選手は怪我がなければ、2019ワールドカップに選出されるでしょう。

そこでの堀江選手に期待することは、

プロップ陣、フッカー陣をまとめて牽引すること。

堀江選手はプロップ陣、フッカー陣の中では大ベテラン!年齢的にも上のほうです! そして、世界相手の経験はトップクラスとなります。

厳しい戦いになる場面も、当然あるかと思われますが堀江選手の経験や技術で日本代表を引っ張っていってもらいたいですね!

ハンパない堀江選手にワールドカップでは大注目ですよ!!

-ラグビー,日本代表
-,

Copyright© ラグハジ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.